最新情報

🍶 半蔵&(アンド) 

🗾三重(伊賀)

🍶創業 1892年

🍶味わい キレとスッキリさ

昔ながらの厳寒期に手作業で仕込み、

お米の旨味を生かした

大田酒造

【大田酒造】

伊勢志摩サミットの乾杯酒にも

選ばれた伊賀の老舗、大田酒造

大田酒造で醸される有名なお酒は

『半蔵』

忍者の町、伊賀。

かの有名な忍者、服部半蔵由来となる。

伊賀らしさの日本酒。

その大田酒造が新たに醸す

『半蔵&(アンド)』

息子の七代目の想い。

『作』で修行された七代目

「人と人」「料理と人」を繋ぐ

繋ぎ目となるような酒でありたい。

『現在から次世代へ』酒造りの伝統...

詳細
詳細

🍶 Ohmine 2粒 火入れ 雄町

🗾山口(美祢)

🍶創業1822〜1955年 復活 2010年

🍶味わい 爽やかな香りとスッキリとした甘味

『AGAIN SAKE WORLD』

「日本酒の世界に逆らう」をコンセプトに

国内外で新たな日本酒旋風を巻き起こす

大嶺酒造

【大嶺酒造】

1822年に始まり1955年に50年ほど休眠。

ニューヨークのデザイン会社で勤めていた

秋山氏が「農業と地域資源を軸に地域の未来へ繋がる産業に成れば」という想いと

美祢市出身だったということ

故郷で酒造りをしたいという想いから

2010年に復活を遂げる。

復活から8年間は...

詳細
詳細

🍶 十四代 七垂二十貫 

🗾山形(香南)

🍶創業 1615年

🍶味わい 甘くフルーティー

400年の歴史と日本酒ブームの

先駆けと日本酒ランキング1位の

高木酒造

【高木酒造】

元々、メインは地元限定の

「朝日鷹」

当時、十三代〜十六代まで商標登録をしたところ

奇跡的に「十四代」だけ登録できた。

十四代は幻の日本酒と言われる所以は

ホームページがなかったとか!?

情報が出回ってないから・・・

そんな高木酒造が醸す

十四代 七垂二十貫。

もっとも良い状態で出荷できる、

毎年7月と10月の年2回のみ発売。

斗瓶囲い(とびんかこい)と呼ばれる製...

詳細
詳細

🍶 竹の園 ぱんだ祭り 超辛口ツインテールズ

🗾佐賀(鹿島)

🍶創業 1804年

🍶味わい 辛口でドライ

石数600石程と小さい規模ながら、

品質重視で温故創新をモットーにする

矢野酒造

【矢野酒造】

各種コンテスト等でも数多く受賞している

注目の蔵元、矢野酒造。

佐賀有徳稲荷神社に近くに位置し、

有明海を望む鹿島の矢野酒造。

母屋は国指定の登録有形文化財となっている

矢野酒造。

矢野酒造で昔から親しまれるお酒、“竹の園”

竹といえば、、、パンダ!

竹が園になっているってことは、

『パンダもいっぱいいるよね!』っということで

パンダ祭りになった...

詳細
詳細

串に刺さない焼き鳥と

串に刺す焼き鳥との違いは??

柔らかさ!!

その柔らかさを楽しめるのは、、、

『ムネ肉』

さぁ、とりくらで味わう。

詳細

🍶 喜楽長 純米吟醸 たわわ

🗾滋賀(東近江)

🍶創業 1820年

🍶味わい

多様化しつつある日本酒において

王道を進む、喜多酒造

【喜多酒造】

創業当初から“喜楽長”は

愛されてる日本酒である。

喜楽長の由来は、

“飲まれた方が喜びを感じ

楽しく長生きして頂く”こと

今回の「たわわ」は秋のお酒として

新しくなったもの。

目指すお酒は「たおやか」であること。

「たわわ」もおなじく

「新ばしり」「若苗」など季節限定の

喜楽長に女性ならではの感性で

新たな風が吹き込まれた。

喜楽長の味わいは大事にしながら、

ラベルの一新。

滋賀の銘酒で

...

詳細
詳細

クチコミ

1 か月前
炭火が1番!と思っていましたが、石焼でじっくり焼いた鶏肉の柔らかさに驚きました! 2時間制の予約でしたが、カウンターでゆっくり食事できました。
- Kiyo K
3 か月前
京都で初めて出会った料理! 焼き鳥ならぬとり焼き。 鶏肉を焼肉スタイルで頂くなんて、今まで発想にありませんでした。 錦小路の人気店とりくらさん 鶏焼き初体験でドキドキしたが、焼き方まで丁寧に教えて下さりありがたい 鶏肉はやわらかくて、味もあって本当においしい! 自分で焼くのも楽しかったです♪ 焼肉=牛肉と思い込みがあったけど、鶏肉の焼肉スタイルもありです。 また食べたいなぁ(*^.^*)
- M T
9 か月前
小さな子供が居たからか固執に案内してもらいました。味も値段も接客もとても良かったです。また機会があれば伺いたいと思います。
- NAOYASU S

京都の焼き鳥。串に刺さない、焼き鳥。 石の上で焼く、焼き鳥。


【鶏で,感動を伝える】とりくら。
京都の、焼き鳥。
串に刺さない、焼き鳥。
石の上で焼く、焼き鳥。
鶏肉本来の味わいを、食べて楽しむ、焼き鳥。
  • 日本の国民食である、焼き鳥。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 075-213-5859

住所

ルートを検索
日本
〒604-8144 京都府
京都市中京区
錦小路烏丸東入ル元法然寺町685
ウィステリアビル1F

営業時間

月:17時00分~0時00分
火:17時00分~0時00分
水:17時00分~0時00分
木:17時00分~0時00分
金:17時00分~0時00分
土:13時00分~16時00分, 17時00分~0時00分
日:13時00分~16時00分, 17時00分~0時00分
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。